· 

アランモルト10年 少しの加水で香りと味わいを堪能

「アランモルト10年(The Arran Malt 10 years old)」はスコットランド・アラン島北部のロックランザ(ロホランザ)にあるアイル・オブ・アラン蒸留所が造っているシングルモルトウイスキーです。

 

アラン島は、グレートブリテン島本土とキャンベルタウンのあるキンタイア半島に囲まれたクライド湾の中にある、南北に細長い島です。

 

新石器時代のストーンサークルや立石遺跡が多く残されていて、マクリー・ムーアとよばれる立石遺跡やホワイティング・ベイの巨人の墓などが知られています。

 

Isle of Arran アラン島
Isle of Arran アラン島

 

スコッチウイスキーを地域別に分けたとき、「アイランズモルトウイスキー」と呼ばれる種類がありますが、アラン島もその中に含まれます。

 

アイランズとはスコットランドの北西側半分にある島々をさしていて、アラン島のほかにオークニー島、ルイス島、スカイ島、マル島、ジュラ島。

 

海に囲まれた地域なので、アイランズモルトには潮の香りを感じるものもありすが、そればかりでもないので共通の特徴はありません。それぞれの島で味わいが異なるのがおもしろいところです。

もともとアラン島は密造酒の産地として有名な場所で、かつては50近い蒸溜所があったとされますが、1836年を最後にすべての蒸溜所が閉鎖されました。 

 

その後、シーグラム社やペルノー社といった世界有数の酒造メーカーで辣腕を振るっていたマネージング・ディレクター、ハロルド・カリー氏がプライベートな醸造所を持つためにこの島に注目。

 

アラン島北部のロックランザにアイル・オブ・アラン蒸留所が建設されたのは1995年のことでした。

 

Brodick Castle アラン島に現存するブロディック城
Brodick Castle アラン島に現存するブロディック城

 

同蒸溜所は独立資本のため、ほかの蒸溜所のように他社への原酒の供給は行わず、自社でのシングルモルトやブレンデッドのボトルを製造、販売するという信念に貫かれた経営がなされています。

 

仕込み水はイーサンビオラック川を流れるロッホ・ナ・ダビーとよばれる湧水。しかも、極小の2基の蒸溜器でゆっくり蒸溜しているため、生産量は大きな蒸溜所の30分の1ほどしかありません。

 

「アランモルト10年」の特徴は壜詰め前の冷却ろ過を行わない「ノンチルフィルタード」。香味成分をあえて濾過しないことで原酒本来の味わいをより力強く味わえます。

 

ノンチルフィルターの解説はこちら>>>「オランチア ハンドクラフテッドジン」

 

Isle of Arran アラン島
Isle of Arran アラン島

 

クライド湾の穏やかな環境もあり、「アランモルト10年」はスカイ島のタリスカー、オークニー島のハイランドパークよりも、スペイサイドやハイランド寄りの風味と評価され、アイランズっぽさがないとも言われます。

 

一般的な評価は「ほどよい甘さで飲みやすい・おいしい」と高い支持。飲み方はストレートかロックがおすすめで、少し加水をするとさらに飲みやすくなります。

 

アランモルトの種類は10年のほかに「14年」「18年」があります。そのほかに限定としてバーボン樽、シェリー樽のブレンド「ロックランザ・リザーブ」、オーク樽で熟成後、ソーテルヌの甘口貴腐ワインの空き樽で追加熟成した「ソーテルヌカスク・フィニッシュ」なども販売されています。