· 

ジョニーウォーカーブルーラベル シリアルナンバー刻印の最高峰の味

「ジョニーウォーカー ブルーラベル(Johnnie Walker Blue Label)750ml」はジョニーウォーカーのウィスキーの中でも最高級銘柄のブレンデッドウイスキーです。

 

ジョニー・ウォーカーの原点でもあり、創始者のジョン・ウォーカーが残したレシピをもとに、特別な顧客のために出された特別なブレンドをそのまま再現しています。

 

ブルーラベルのキーモルトにはほかのジョニーウォーカーでも使われている「カードゥ(Cardhu)」に「ロイヤルロッホナガー(Royal Lochnagar)」が使われています。

 

Striding man ジョニーウォーカーの象徴、ストライディングマン
Striding man ジョニーウォーカーの象徴、ストライディングマン

 

「カードゥ」はスコットランド・スペイサイドのカードゥ蒸留所が造っているシングルモルト。甘く華やかなアロマと、ピュアでまろやかなフレーバーが特徴です。

 

「ロイヤルロッホナガー」はスコットランド・ハイランド東部のロッホナガー蒸溜所が造っているシングルモルト。

 

ちなみに、ヴィクトリア女王とアルバート公が訪れ、王室御用達の証「ロイヤル」の冠を授与された蒸溜所です。

「ロイヤルロッホナガー」は爽やかな香りにしっかりとピートが感じられるハイランドモルトで、スコッチのシングルモルトのなかでも最も希少性の高い銘柄の1つと言われています。

 

「ジョニーウォーカー ブルーラベル」では数々の蒸溜所で貯蔵されているこれらのキーモルトの中でも、1万樽に1樽しか存在しないという極めて希少性の高い、熟成の頂点に達した原酒が使われます。

 

熟成年数は正確には明らかにされていませんが、一説には40年、50年という長期熟成原酒が多種ブレンドされているという情報もあります。

 

ロイヤルロッホナガー 12年 700ml

 

味わいはスモーキーさと同時にオレンジ、スパイス、ドライフルーツなどのテイストとジョニー・ウォーカー本来の味わいが複雑に絡み合い、芳醇です。

 

重量感のある青く輝くボトルには一本ずつ、シリアルナンバーが記載されてシルクの裏地の箱で売られています。

 

ブルーラベルのもうひとつの特徴は、限定品やカスクストレングスも出ていることなんですね。特別な贈り物やご自分へのプレゼントにする方もいます。

 

トムディクソン 限定メタルギフトボックス付き 700ml 

 

イギリスのデザイナー、トム・ディクソン氏によるブランドメタル製のギフトボックスがついた「ブルーラベル トムディクソン 限定メタルギフトボックス付き700ml 40度(並行輸入品)」。

 

また、ダンヒルによってデザインされた限定ボトル「ジョニーウォーカー ブルーラベル ダンヒル 40度 1000ml(並行輸入品)」。

 

さらに、凝縮したウッドフレーバーが特徴のカスクストレングス「ブルーラベル カスク・エディション 55.8度 1000ml」もあります。

 

ブルーラベル カスク・エディション 55.8度 1000ml

 

ブルーラベルの評価は「ウイスキーの中でも極上のまろやかさ」「複雑な香りで確かに美味しい」といった高評価が多いですね。

 

「ギフトに贈ったら相手の方にとても喜ばれた」というレビューも数多いですね。私ならたぶん、贈り物で買っても自分で飲んでしまうでしょう。