スコッチウイスキー シングルモルトなど人気銘柄の種類と特徴

スコッチウイスキーの6大産地として有名なのが、スペイサイド・ハイランド・アイラ島・アイランズ・キャンベルタウン・ローランド地域。マッカランなどの人気シングルモルトやバランタインなどのブレンデッドまで、おすすめ銘柄の種類・特徴・度数・価格を紹介します。

アイラ島

 

原材料の麦芽をピート(泥炭)で焚く量が多いため、スモーキー感の強い個性が特徴です。ブレンデッドウイスキーのキーモルトとしても使われます。 

ローランド

 

スコッチでは少ない3回蒸溜のオーヘントッシャン蒸留所が有名。ライトで繊細な風味が特徴のため、飲みつけたモルトファンに評価される傾向があります。

スペイサイド

 

ハイランドに含まれるスペイサイドですが、独立した産地として扱われます。繊細で華やかな香りと甘味を帯びた味わいが特徴です。

ハイランド

 

地域の文化や歴史を受け継いだ個性派ウイスキーがあります。芳醇な香り、軽やかでライト、フレッシュでフルーティ、磯の香りなど、多種多様なボトルが楽しめます。

キャンベルタウン

 

塩辛いと表現される風味が特徴。代表格のスプリングバンクは英国でも人気です。アイラ島のモルトに近いスモーキーな銘柄もあります。

アイランズ

 

オークニー諸島、スカイ島、マル島、ジュラ島、アラン島、ルイス島という6つの島で造られるウイスキー。島によって個性が異なり、香りや味わいも多彩です。

複数地域のブレンデッド

 

キーモルトやブレンドする原酒の量など、それぞれの違いからさまざまなブレンデッドウイスキーが存在します。