· 

バルヴェニー12年ダブルウッド 山崎ファンも納得のおすすめ評価

「バルヴェニー12年ダブルウッド(Balveneie 12year double wood)」はスコットランドのスペイサイド、ダフタウンにあるバルヴェニー蒸溜所(ウィリアム・グラント&サンズ社)が造っています。

 

ここはグレンフィディック蒸溜所の創始者、ウィリアム・グラントにより、グレンフィディック創業の5年後、第2蒸溜所として1892年に創業したところ。

 

姉妹蒸溜所としてグレンフィディック蒸溜所と同じ敷地内に建っています。バルヴェニーの名は近隣に建つバルヴェニー城が由来で、ゲール語では「山の麓の集落」を意味します。

 

River Spey スペイサイドの象徴、スペイ川
River Spey スペイサイドの象徴、スペイ川

 

バルヴェニーの大きな特徴のひとつは、いまだに自社蒸留所で昔ながらのフロアーモルティングを行っていること。麦芽の乾燥を自社で行うことにより、ピートの香りづけを微妙に調整。

 

ライトなピート香の麦芽を製造しているんですね。フロアーモルティングは重労働なうえにコスト面の負担も大きく、自社でおこなう蒸留所は激減。モルトスターと呼ばれる専門業者に製麦を依頼するのが一般的になりつつあります。

 

フロアーモルティングの解説はこちら>>>「ラフロイグ10年」

 

さらに、バルヴェニーは蒸溜につかう蒸溜釜も特徴的です。初溜器5基、再溜器6基のポットスチルはやや大きめで、長いネックの下部に球根状に膨らんだ「バルヴェニーボール型」と呼ばれるコブのある独特な形をしています。

この形状により香りの成分をおだやかにじっくり抽出し、豊かで重厚な原酒ができあがると言われています。また、バルヴェニーが使用する熟成樽は多種にわたり、バーボン樽・シェリー樽はもちろん、ポートワイン樽・ラム樽なども使用しています。

 

シングルモルトを作り分けているだけでなく、これらの組み合わせにより多彩な味わいのブレンデッドウイスキーができるわけですね。

 

今回紹介する「バルヴェニー12年ダブルウッド」は「熟成に2種類の樽を使っている」という意味があります。最初はバーボン樽に詰めて熟成。その後、ヨーロピアンオークのシェリー樽で後熟させます。

 

William Grant & Sons ウィリアム・グラント&サンズ社オールドカー
William Grant & Sons ウィリアム・グラント&サンズ社オールドカー

 

ちなみに、隣接するグレンフィディックとバルヴェニーは原料となる大麦や酵母は同じものを使っています。では、どう違うのか?

 

違いのひとつは先ほどのポットスチルの形状。さらに、グレンフィディックが直火蒸溜に対して、こちらは間接蒸溜。

 

そのほかに水。グレンフィディックがロビーデューの泉を仕込み水としているのにたいして、バルヴェニーはコンバル丘陵の数十の泉から湧き出る水を引き込んでいます。

同じ軟水でもロビーデューの水質に比べると若干硬度が高いんですね。これらの違いにより、まったく異なる性質のモルトウイスキーが生み出されるというのがおもしろいところですね。

 

「バルヴェニー12年ダブルウッド」の評価では「滑らか・香りが甘い・奥深い」というレビューが目立ちます。日本のウイスキー「山崎」が好きな人なら気に入る傾向もあります。

 

グレンフィデックほど知名度ではまだ広く浸透していない逸品だけに、早めにキープしておきたいところですね。