· 

サントリー山崎・品薄で入手困難、定価と販売価格の差をどう評価する?

サントリー山崎シングルモルトウイスキー・品薄で入手困難中

「サントリー山崎(Suntory Whisky Yamazaki)」はサントリースピリッツ山崎蒸溜所でつくられているシングルモルトウイスキーです。

 

サントリー山崎はノンエイジ、ノンビンテージと呼ばれる同社のスタンダードで、日本はもちろん世界的に人気なウイスキーですね。

 

あまりの人気でここ数年は品切れ・品薄状態が続いており、日本の酒販店やスーパーでも入荷が困難な状態で、ネットの通販価格も高騰したままです。

 

サントリー山崎はアルコール度数43度で700mlと180mlがあり、サントリーによれば180mlは現在出荷停止中とのことですが、180mlならコンビニによってはまだ見つかる?という情報もあります。

 

Yamazaki distillery 山崎蒸溜所
Yamazaki distillery 山崎蒸溜所

サントリー山崎の定価と販売価格、レビューの評価

今日現在の通販での最安値は700mlが8,300円前後、180mlが1,900円ほど。

 

定価の目安となる希望小売価格は4,200円と1,140円なので、700mlではほぼ倍の値段となっています。

サントリー山崎・43度

通販販売店の最安値

定価(希望小売価格)

700ml

8,300円前後 4,200円(税別)
180ml 1,900円ほど 1,140円(税別)

 一般的な評価からまずはマイナスを指摘する感想。「値段が高い」「値段の割に味がイマイチ」というのは、個人の嗜好と価格の釣り合いがとれないというところでしょうか。

 

12年などのビンテージを飲み慣れている人からすれば、ノンビンテージは山崎らしさが足りないという感想になるのもやむをえないかもしれませんね。

私も12年をだいぶ前に飲みましたが、その飲み口が忘れられないために、ノンエイジの風味になかなか慣れないという感覚はたしかにあります。

 

とはいえ、好みはさまざまですから、自分がおいしいと思うウイスキーが一番です。

 

サントリー山崎を支持するレビューには「プレミア価格でもやはり美味しい「甘みのある香りと、深みのコク、ドライな飲み口」「幾重にも重なった深みを感じました」「トゲトゲした雑味がなくスッキリして飲みやすい」「海外の友人に届け大変喜んでもらった」などがあります。

サントリー山崎の特徴

サントリー山崎の特徴は、ワイン樽貯蔵モルトやミズナラ樽の長期熟成モルトをはじめとする、複数の原酒をヴァッティング(混ぜ合わせ)している点にあります。

 

日本独自の素材であるミズナラ樽が注目されたきっかけは、太平洋戦争(1941年から1945年)の戦中から戦後、ウイスキーの貯蔵に必要なシェリー樽などの輸入が困難になったことからなんですね。

 

ミズナラの画像
Mizunara ミズナラの樹

国内のオーク(ナラ)材を探し求めて選ばれたのが、北海道の「ミズナラ」でした。当時、ミズナラは貯蔵樽としては原酒が漏れやすく、材の選別、製樽作業に苦労を強いられます。

 

しかも、木香が強すぎて、ブレンダーからは高い評価を得られませんでした。

 

ところが、この木香は2回、3回とくりかえして使用すると、白檀(びゃくだん)や伽羅(きゃら)を思わせる香味が生まれることが発見されます。

 

そこから数十年の研究を経た結果、現在では「ジャパニーズオーク」と呼ばれて海外でも高い評価を得るほどになりました。

 

サントリー山崎蒸溜所の工場見学情報・ウイスキーボンボン

サントリー山崎蒸溜所の工場見学も大人気ですね。こちらが大阪府三島郡島本町山崎にあるサントリー山崎蒸留所の見学情報です。

 

交通アクセスなどもあるので参考にしてくださいね。

 

 

ちなみに、山崎蒸溜所限定のチョコレート「ウイスキーボンボン」も人気です。

 

冬季限定の12粒入りで、中のお酒は山崎ではなく「サントリーウイスキーローヤル」が使われています。