· 

タリスカー10年 飲み方は黒胡椒ハイボール、ピーティーペッパーとは

タリスカー10年 飲み方は黒胡椒でスパイシーハイボール

「タリスカー10年(Talisker 10Years Old)シングルモルトウイスキー」の評価や価格、黒胡椒ハイボールの飲み方、さらに、ピーティーペッパーオンパック情報などを解説します。

 

ご存知の方も多いですが、「タリスカー10年」は黒胡椒風味(由来は後述します)が特徴です。そこで愛飲家に愛されるちょっと変わった飲み方があります。それが強い黒胡椒の個性を活かした「スパイシーハイボール」。

 

スパイシーハイボールの作り方

1.冷やしたロンググラスに氷を入れる

2.タリスカー10年をダブルくらいの濃いめの量で注いでソーダで満たす

3.ブラック・ペッパーを氷に振りかけて完成

 

Isle of Skye スコットランド・スカイ島
Isle of Skye スコットランド・スカイ島

2018年第2弾の箱入り700mlピーティーペッパーオンパック

より本格的にという方向けには「ピーティーペッパーオンパック」があります。2017年にタリスカーを3本購入した人に片手で胡椒を挽ける「タリスカーオリジナルペッパーミル」と横浜燻製工房謹製「黒胡椒の燻製」をプレゼントというキャンペーンがありました。

 

ずいぶん反響があり、あとで知って残念な思いをした方も多いと思います。2018年はキャンペーンはありませんが、好評を受けて2018年「第2弾」として再リリースされています。

 

ペッパーミルはついていませんが、ボトルと「黒胡椒の燻製」のセットです。インド産の黒胡椒にスコットランド産のピートを強烈に効かせて燻製したという、香り高い黒胡椒。

 

しかも、麦芽を乾燥させる時に使うピートを胡椒の燻製にも使うという手のこんだ製造法なんですね。黒胡椒を振ったあと、風味が逃げないようにかき混ぜずに飲むのがおいしい飲み方です。

 

スカイ島のタリスカー蒸留所が造るシングルモルトの特徴とは

タリスカー10年はスコットランド・スカイ島で最も古いタリスカー蒸留所が造っているシングルモルトウイスキーです。

 

『宝島』の著者であるロバート・ルイス・スチーブンソンが「King of Drinks(酒の王様)」と評して愛飲したことでも知られています。

 

「口の中で爆発する」ともいわれる強いスパイシーな黒胡椒風味、海の潮気のあるパンチの効いた味わいが大きな特徴。

 

タリスカー10年にはその男性的な風味に魅せられた多くの愛好家がいます。この風味を生み出しているのは蒸留所の環境と製造法にあります。

 

荒々しさを造り出す蒸留所周辺の厳しい気候環境

タリスカー蒸留所は1830年、ヒューとケネスのマカスキル兄弟によってスカイ島で設立されました。その後、オーナーの変遷を経ていますが、製造法は創業当時の伝統が守られています。

 

霧が多いことから「霧の島」とも呼ばれるスカイ島。夏でも気温が15℃ほどしか上がらず、晴れる日の少ない厳しい気候環境なんですね。

 

頻繁に雨が降っているため、岩石質の地層は雨水を絶え間なく海に向かって流し続けています。同蒸留所はスカイ島のロッホ ハーポートと呼ばれる入り江にあり、創業以来、この雨水から生まれる湧き水を仕込み水に使っています。

 

また、原料の大麦を乾燥させるのにピート(泥炭)が燃料に使われ、いぶした煙が大麦につくことによってスモーキーな香りが生まれます。

 

Spicy スパイシーな料理にも
Spicy スパイシーな料理にも

設備の独特な形状が生み出す風味

蒸溜釜の形、大きさ、高さ、蒸溜釜とコンデンサーをつなぐラインアームの角度などで原酒は多様な味わいに変化します。

 

タリスカー独特の強い黒胡椒風味は、同蒸留所が使っているポットスティルとコンデンサーをつなぐラインアームの独特なデザインに関連があると言われています。

 

ポットスティルから垂直に向かい、水平に伸びたのちにもう一度直角に下るU字型のねじれがあり、還流を促すためにくぼみの基部にピュリファイヤー(精溜器)が設置されています。

 

この仕組みこそが黒胡椒風味の秘密とか。料理ならスモークチーズ、燻製ベーコンやこってりした肉料理などが合いますね。チョコレートならビターがいいですね。