· 

ジョニーウォーカーダブルブラック 黒との違い、味の評価や開け方は

「ジョニーウォーカーダブルブラック(Johnnie Walker Double Black)」は同ブランドを所有するイングランド・ディアジオ社の複数の蒸留所で造られる原酒による、ブレンデッドウイスキーです。日本ではキリンが販売しています。

 

ジョニーウォーカーには系統的にいえば、「レッドラベル(通称・ジョニ赤)」→「ブラックラベル(ジョニ黒)」→「ゴールドラベル(ジョニ金)」→「プラチナラベル」→「ブルーラベル(ジョニ青)」→「キングジョージ5世」という上位版の順序があります。

 

しかし、今回紹介する「ダブルブラック」はブラックと名がついていますが、この系列には属さないスペシャルバージョンのジョニーウォーカー。熟成年数表示がないノンエイジ(NA)であり、同じブラックでもまったく異なる風味です。

 

Islay アイラ島
Islay アイラ島

 

ちなみに、上位版の系統に属さないタイプには、15年以上熟成したモルト原酒のみを使ったという「グリーンラベル(ジョニ緑)」、3代目アレックス・ウォーカーが造った高級ブレンデッドで船がローリングしても倒れない特殊なボトルの「スウィング」などがあります。

 

「ジョニーウォーカーダブルブラック」はもともと免税店などでの限定商品でしたが、好評のため数量限定での発売となったようです。

 

特徴は原酒の熟成年数にこだわらずに「スモーキーさ」「豊かな香りとコク」を強く表現したこと。

ブラックラベルのキーモルトはカーデュ(スペイサイドモルト)、タリスカー(アイランズモルト)、ラガブーリン(アイラモルト)と言われていますが、スモーキーさが強いので、ラガブーリンが多く使われているのではと言われます。

 

ですから、ブラックラベルとの違いは口にする人が「アイラモルトが好きかどうか」。万人受けする飲みやすいブレンドが前者であり、ダブルブラックはスモーキーさと酸味が強い、クセのある風味をおいしいと感じるかどうかです。

 

一般的な評価でも、アイラモルトの特徴を活かしてコスパ的にも最高という評価が多いなか、ブラックラベルの上位版と勘違いして購入してしまい、「ピート臭が合わない」というレビューを寄せている人もいますので、要チェックですね。

 

peat ピート(泥炭)
peat ピート(泥炭)

 

ブラックラベルの上位版をお探しならダブルブラックよりもゴールドラベルでまちがいないと思います。

 

あるいは「ジョニーウォーカー 黒 特級」で調べてみると、オールドボトルも出ています。

 

ちなみに、並行輸入品やアウトレット品のダブルブラックを購入した人のなかには「蓋を開けたら中にビー玉のようなものが見えたけど、開け方がわからない」という人もいます。

 

Johnnie Walker ジョニーウォーカー
Johnnie Walker ジョニーウォーカー

 

これは開発途上国への輸出用につくられた「玉付き」と呼ばれるもの。これでお酒を入れ替えて売るのを防止しているのだそうです。

 

開け方は思い切ってひっくり返して注げば出てきます。一気に出ないので心配ありません。あるいは逆さの状態でボトルの底を手のひらで軽くポンポンと叩くともっと出てきますよ。