アイリッシュウイスキーの特徴、4種類それぞれの新旧おすすめ銘柄

アイリッシュウイスキーの特徴と種類

アイリッシュウイスキー(Irish Whiskey)の特徴と種類、新旧おすすめ銘柄を解説します。アイリッシュウイスキーは製造法によって4つの種類に分けられています。

 

アイルランド共和国の北にある北アイルランドはイギリス領ですが、属する国に関係なく、アイルランドで作られるウイスキーはすべてアイリッシュウイスキーに分類されます。

 

アイリッシュとスコッチとの違い

スコッチとの違いは、スコッチが2回蒸留を基本とするのにたいして、アイリッシュは蒸留(単式蒸留)3回が基本、大麦を発芽させるモルティングの際にスコッチのようにピート(泥炭)を使わず、石炭や木材を使います。

 

そのため、クセやスモーキーさのないライトな風味のウイスキーとなります。反面、強いコクやクセ、個性を求める方からすると風味が物足りなかったり、40度というアルコール度数はあるのですが薄く感じるようなこともあるようです。

 

とはいえ、近年は「カネマラ」のように、世界的な嗜好も考慮したピーテッドも登場しています。実は昔はアイリッシュウイスキーもピートを焚く製法だったのですが、時代とともに変わってきたんですね。

 

Killarney アイルランド・ケリー州キラーニーの街
Killarney アイルランド・ケリー州キラーニーの街

アイリッシュウイスキーは4種類

まずは、アイリッシュウイスキーの定義から紹介します。アイルランドの1980年アイリッシュウイスキー法第1条の定義は以下のとおりです。

 

・穀物類を原料とする

・麦芽の酵素で糖化(低分子の糖類に変化)させて、酵母の働きで発酵させる

・蒸留液はアルコール度数94.8%以下に抑える

・木樽で3年以上熟成させる

・アイルランド、もしくは北アイルランドの倉庫にて熟成を行う

 

この定義に従ったうえで、さまざまな製造法に分かれて造られているのがアイリッシュウイスキーです。大きく分けて4種類があり、そのうち3種類はスコッチと同じです。

 

しかし、最初に紹介する伝統の製造法だけはスコッチとの違いがはっきりしています。それぞれの銘柄の詳細な解説は本文中のリンクからご確認ください。

 

1.シングルポットスチルウイスキー(ピュアポットスチルウイスキー)

アイリッシュポットスチルウイスキーやピュアポットスチルウイスキーとも呼ばれる、アイリッシュ伝統の製造法。原料は大麦麦芽(モルト)30%以上、未発芽大麦30%以上、そのほかの穀物(ライ麦やオーツ麦など)の使用は全体の5%未満です。

 

原料は大麦麦芽以外の穀物の殻が固いため、石臼で粉砕してから糖化します。さらに、大麦麦芽100%ではないため、糖化に長い時間がかかります。これが 「オイリー」と評される、アイリッシュ独特のクミーリーな舌触りやのどごしにつながるんですね。

 

銅製ポットスチル(単式蒸留器)で3回蒸留されたのちに熟成され、スコッチのシングルモルトと同じように樽で売られたり、ブレンデッドウイスキーのキーモルトとなり、グレーンウイスキーとブレンドして販売されたりします。

シングルポットスチルウイスキーの代表的な銘柄

Powers「パワーズシグネチャーリリース」

Green Spot「グリーンスポット」

Redbreast「レッドブレスト12年・15年・21年」

Single Pot Still Irish Whiskey Finished in Virgin Hungarian Oak「バージン・ハンガリアン・オーク・フィニッシュ」

Single Pot Still Irish Whiskey 28 Year Old Ruby Port Pipe Single Cask 28年「ルビー・ポート・パイプ シングル・カスク28 年

 

2.シングルモルトウイスキー

原料はスコッチと同じく大麦麦芽(モルト)のみというのが、前者との違いです。蒸留は単式蒸留器で3回(または2回)。蒸留回数のぶんだけ、ライトな印象になります。

シングルモルトウイスキーの代表的な銘柄

Bushmills「ブッシュミルズシングルモルト(10年・16年・21年など)」

Tullamore Dew「タラモアデューシングルモルト(14年)」

Connemara「カネマラシングルモルト(ノンエイジピーテッド・12年・22年など)」

Tyrconnell「ターコネル(ティルコネル)シングルモルト(ノンエイジ)」

Glendalough「グレンダロウシングルモルト(7年・13年など)」

Teeling「ティーリングシングルモルト(ノンエイジヴィンテージリザーブ21年・30年など)」

West Cork「ウエストコークシングルモルト10年カスクストレングス10年・12年など)」

3.グレーンウイスキー

原料はとうもろこし、大麦などの穀物類で、連続式蒸留機が使われます。おもにブレンデッドウイスキーを造るのに使われますが、単独のシングルグレーンも販売されています。

 

下記のグレンダロウはアイルランド産大麦ととうもろこしを原料に、ニッカウヰスキーと同じ貴重な「カフェ式蒸溜器」で造られているのが特徴です。

 

グレーンウイスキーの代表的な銘柄

Glendalough グレンダロウ シングルグレーンダブルバレル」

Teeling「ティーリング シングルグレーン」

Kilbeggan「キルベガン・シングルグレーン」

Teeling「ティーリング・シングルグレーン」

Egans「イーガンズ・ヴィンテージ・グレーン」

4.ブレンデッドウイスキー

シングルポットスチル、シングルモルトとグレーンウイスキーをブレンドしたもの。アメリカの市場向けにスコッチと同タイプのブレンデッドを生産する必要に迫られて、1960年代から生産が開始されました。

 

ブレンデッドウイスキーの代表的な銘柄

近年までブレンデッドウイスキーの需要により、単独よりもおもにブレンド用として活躍してきたシングルポットスチルウイスキー。最近は伝統の製法と風味が注目されるようになりました。

 

上質なシングルポットスチルとグレーンを合わせて、自分だけのオリジナルブレンデッドを造るという究極の飲み方もあります。アイリッシュウイスキーはこれから存在感を発揮しそうで楽しみです。