クラウンローヤルの種類・リーガルアップルとメープルフィニッシュド

クラウンローヤルの種類・アップルやメープルとは?

「クラウンローヤル(Crown Royal)」の種類からフレーバード・ウイスキーの「リーガルアップル(Regal Apple)」、「メープルフィニッシュド(Maple Finished)」について紹介します。

 

フレーバード・ウイスキーとは果物、はちみつ、スパイスなどで風味付けがされているウイスキーです。

 

最近ではハニー、アップル、ミント風味などが登場していますね。

 

メープルシロップをかけたワッフルの画像

 

フレーバードウイスキーはアメリカ、カナダでの人気が高く、その流れを受けて日本でも発売されていますが、数は少なめですね。

 

一般的なウイスキーの40度よりもアルコール度数はやや低めで、炭酸、ジュース、ミルクなどを割り材にして気軽なカクテルとして楽しめます。

リーガルアップルの度数・価格・味の特徴

「クラウンローヤルリーガルアップル(Regal Apple)」は35度・1000mlで、今日現在の販売店での安い価格帯は税込4,050円ほど。

 

こちらはクラウンローヤルをベースにリンゴ風味を加えたウイスキー。

 

歯ごたえのある甘いりんごと、カラメルやスパイスを感じさせる風味が特徴的です。

メープルフィニッシュドの度数・価格・味の特徴

「クラウンローヤルメープルフィニッシュド(Maple Finished)」は40度・750mlで、今日現在の販売店での安い価格帯は税込2,700円ほど。

 

メープルフィニッシュドはクラウンローヤルにメープル風味がつけられていますが、一般的なフレーバーウイスキーとは製法が異なっています。

 

それはクラウンローヤルウイスキーを「カエデの木で造った樽で後熟させている」点です。

 

つまり、メープル樽でフィニッシュさせているわけですね。ジャックダニエルの「チャコール・メローイング製法」にちょっと似ています。

そのため、メープルシロップの甘味を楽しみながらも、楓の木香とウィスキーの風味が溶け合ってクラウンローヤルオリジナルの味わいに仕上がっています。

 

コスパ評価の高いのは、こちらのメープルフィニッシュドのほうですね。

 

甘いウイスキーが好きな方は延々と飲んでしまう可能性がありますから、要注意です。

 

炭酸割りや水割りもいいですが、紅茶割りにしたり、アイスクリームにかけたりしても楽しめますよ。

フレーバードウイスキーにはどんなものがある?

ちなみに他社のフレーバードウイスキー銘柄も本記事で紹介していますので、参考にしてくださいね。

 

「メーカーズマークミントジュレップ(Makers Mark Mintjulep)」

 

「ジャックダニエルテネシーハニー(Jack Daniels Tennessee Honey Liqueur)」