· 

クラウンローヤル 世界評価のカナディアンウイスキー、日本の口コミは

クラウンローヤルは世界で愛飲されるカナディアンウイスキー

「クラウンローヤル(Crown Royal)」はカナダのオンタリオ州にあるラ・サール蒸溜所で製造されているカナディアンウイスキーです。「クラウン ロイヤル」でトヨタの車と勘違いされた方、ごめんなさい(笑)。

 

日本でカナディアンウイスキーと言えば「カナディアンクラブ」が知られていますが、実は世界各国で愛飲されているプレミアムカナディアンといえば「クラウンローヤル」なんですね。

 

ローヤルの名の通り、このブランドは歴史的な出来事に関連しています。そこでちょっとだけカナダの歴史を解説します。

 

カナダは17世紀初めにフランス人がセントローレンス川流域に入植したのが始まりですが、1763年にイギリス領となり、国家元首はイギリス国王となりました。

 

Ontario オンタリオ州
Ontario オンタリオ州

 

ラ・サール蒸溜所の創業はイギリス領になる少し前の1857年。その10年後、1867年にカナダは自治領となり、その後もイギリス連邦の一員にとどまります。

 

同蒸溜所は1928年にカナダの酒造メーカーのシーグラム社に買収されますが、それから少しあとの1939年のこと。ちょうど第2次世界大戦(1939年から1945年)が始まった年です。

 

当時、イギリス兼カナダの国王だったジョージ6世夫妻がカナダを初めて公式に訪問する機会があり、シーグラム社が献上酒として作ったのが「クラウンローヤル」の原型。

 

クラウンローヤルのラベルは大きな王冠のマークが特徴ですが、これはシーグラム社が社の叡智を傾けて、ラ・サール蒸溜所で600種ものブレンドを試作させて完成させたことに由来するのだとか。

以降、シーグラム社の来賓用ウイスキーとなりましたが、あまりに評判がよかったため、市販化が実現します。そして、カナダは第2次世界大戦後に実質的な独立を果たします。

 

ちなみに、シーグラム社は酒類部門をペルノ・リカールに売却、その後はギネスやジョニーウォーカーなどで知られるディアジオに買収されています。

 

特徴のひとつは1割弱ブレンドされた、あるバーボン

製造法はカナディアンウイスキーの王道である、トウモロコシを主原料としたベースウイスキーにライ麦を主原料としたフレーバリングウイスキーのブレンド。

そこに隠し味として約1割程度、バーボンがブレンドされているというのも知る人ぞ知るお話。それは4つの薔薇で有名な「フォアローゼス」

 

もともと、親会社が一緒だったという理由があるようです。でも、バーボンを混ぜてもちゃんとカナディアンウイスキーを名乗れるの?という疑問を持った方、大丈夫です。

 

カナディアンウイスキーでは「熟成年数やほかの条件を満たしていれば、内容の9.09%まではどんな原酒をブレンドしてもいい」という条件があります。

カナディアンはトウモロコシを主原料としたベースウイスキーの量が多いので、スコッチに慣れていると味の薄さを感じるかもしれませんが、大麦麦芽が甘く、鋭い刺激がなくて飲みやすい仕上がりです。

 

Canada-day 7月1日はカナダの建国記念日
Canada-day 7月1日はカナダの建国記念日

テイスティングレビューと価格

クラウンローヤルはアルコール度数40度・750mlで、価格は送料入れずに1,800円(税込)前後。2000円以下でオシャレといえばオシャレですが、ちょっとおじさんテイストなボトルデザイン(笑)でもあります。

 

とはいえ、箱入りで金色の刺繍の入った巾着袋にボトルが入っているので、値段以上の高級感が演出できる銘柄として、ちょっとした贈答用にも人気があります。

 

一般的な評価は「チョコレートのような香りがうっすらしておいしかった」「価格が安価の割には良い」「非常にコストパーフォーマンスの高い、コクのある上品なウイスキー」「どちらか言うと軽め。特にストレート、ロックがおすすめ」「イングランドにも日本にもない、不思議な美味しさ」「まろやかですがボディは1本筋が通った味わい」など、テイスティングレビューはなかなかの高評価。

 

飲みやすさと価格の購入しやすさから、初心者の方がトライしやすいスタンダードです。隠れているフォアローゼスがどんな味わいを醸し出しているか、試してみるのもおもしろいですよ。