スキットル ピューター(錫)素材のおすすめメーカーと製品とは

スキットル ピューター(錫)素材の特徴とメリット

スキットル ピューター素材のおすすめメーカーと製品を解説します。ピューター(Pewter)とは錫(スズ)を主体とした合金のことで、錫は不純物を吸収する性質があり、水を浄化する作用があるといわれています。

 

イオン効果が非常に高く、お茶やお酒、水などの味をまろやかにする特徴があり、日本でも高級グラスに使われています。

 

色の変化も少なく、美しい光沢を長期間に渡って保ち続けます。手にしたときのずっしり感、安心感もピューターならではのよさがあります。

 

携帯用の小型水筒としてウイスキー、ブランデー、ウォッカ、ジン、テキーラから、アルコール度数が日本酒、ワインなども入れられる機能性が高い本格派。

 

アウトドアのイメージ画像

ピューターのディメリットとはなにか

ピューターには欠点もあります。そのひとつが想像以上に重いこと。もともと錫は金属としては柔らかい材質です。

 

そのため、ズボンのポケットに入れたまま座ると変形してしまうため、それを防ぐために分厚くするので重くなってしまうんですね。

 

また、表面に細かな傷がつきやすく、使う人がその傷を「材質の味」や「深み」として楽しめるかどうかも重要です。

 

登山やアウトドアのハードな環境では重さや傷のつきやすさも判断基準になりますね。

 

ですから、ピューター素材は中身の風味、手にする感触などを重視する方に向いている素材と言えます。

ピューター材質のスキットル おすすめメーカーと製品

ピンダーブロス・クッションプレーン6オンスピューターフラスコ(PinderBros)

容量:約180ml

重量:178g

サイズ:132mm×91mm×18mm

 

古来はやピューターがスキットルの主役でした。スキットルはもともとナイフやフォークなどの金属加工業が盛んなイギリス・シェフィールド地方で製造されていて、素材はピューターを使用したものが伝統的と言われています。

 

優れた技術と確かな品質で愛用者から高い評価を受けているのが、英国ピンダーブロス社。老舗らしく、デザインが豊富で3、4、6、8、10オンスとサイズ違いもいろいろあり、選びやすいのが特徴です。

ロイヤルセランゴール・ピュータースキットル(Royal Selangor)

ロイヤルセランゴールは1885年創業、マレーシアの首都、クアラルンプールを本社とするピューターメーカー。

 

クアラルンプール近郊のセランゴール州はピューターの原料となる良質な錫の産地です。同社はここに本社工場をかまえて製造している老舗。

 

高級品から2万円ほどの商品まであります。

ちなみに、スキットルは和製英語であり、通常はスキットル・フラスコのほか、ウイスキーボトル、フラスクボトル、ヒップフラスコという名称で呼ばれます。

 

日本製のピューター素材スキットルを探してみましたが、今日現在はないようです。

 

このほかに、チタン製ステンレス製銀材質樹脂製ナルゲンおしゃれでかっこいい人気ボトル、こだわりの軍用風など、種類はたくさんあります。

 

こちらで紹介しているので参考にしてくださいね。