· 

ロイヤルサルート21年 青、緑、赤と色の違いのある陶器ボトルの特徴

ロイヤルサルート21年とシーバスリーガルは同一ブランド?

「ロイヤルサルート21年(Royal Salute)」はシーバス・ブラザーズ社(ペルノ・リカール社傘下)が造っている陶器ボトルのブレンデッドウイスキーです。

 

シーバス・ブラザーズ社が製造していることから、「シーバスリーガル」ブランドの21年物と勘違いされがちですが、ロイヤルサルート21年は同社の独立したブランド。

 

シーバスリーガルには実際に「シーバスリーガル25年」という、数量限定生産の最高級スコッチもあるんですね。なぜ、間違えやすいことになっているのか。実はロイヤルサルート21年が誕生した歴史に関連があるんですね。

 

Royal Salute ロイヤルサルート21年
Royal Salute ロイヤルサルート21年

青、緑、赤があるけど、色の違いで風味や香りが違うの?

また、ロイヤルサルート21年は青色、緑色、赤色と3種類があり、色の違いで風味や香りが違うの?という疑問をもつ方もいますが、中身はすべて同一のものです。

 

このウイスキーはもともと、1953年6月に現英国女王エリザベス二世の戴冠式を祝してつくられた特別なウイスキーでした。

 

「ローヤルサルート」の意味は、英国海軍が王室に敬意を表して撃ち鳴らす皇礼砲のことであり、このときに空砲を21回鳴らすことから、シーバスブラザーズ社では熟成年数を21年にこだわったそうです。

色が3種類あるのは、エリザベス2世の戴冠式の時に使われた王冠を彩る宝石の色を象徴していて、青はサファイア、緑はエメラルド、赤はルビーだそうです。

 

陶器ボトルのキーモルトは同社おなじみのシングルモルト

 キーモルトはシーバスリーガルのキーモルトでも有名なスペイサイドモルトの「ストラスアイラ」、同地域でストラスアイラの第2蒸留所として建設された蒸留所の「グレンキース」。

 

当初は記念限定品として発売されましたが、その後も人気が高かったため、販売が継続されて、現在では世界100か国で販売されるプレミアムブレンデッドウイスキーとなっています。

 

独特の陶器ボトルはウェイド・セラミック(Wade Ceramics)社製のフラゴンと呼ばれる陶器。フラゴンとはおもに柄・ふた・口付きの細口瓶や、ワインを売る大瓶を意味します。

 

「ロイヤルサルート21年」はストラスアイラの特徴がよく出ている、フローラルで華やかな香り。シーバスリーガルより甘みが少ないと感じる方もいるかもしれませんが、柑橘系のやわらかな香りが楽しめます。

 

テイスティングレビューの一般評価は?

一般的な評価は「飲みやすい、うまい」「芳醇、濃厚な風味で美味しかった」「上品で飲みやすいウィスキー」「陶器の瓶もゴージャス」と高評価ですが、一部には「想像していたより飲みにくい」という感想も。

 

これはシーバスリーガルと比べてみたら違った、という微妙な違和感だと思います。キーモルトの基本はストラスアイラですが、あくまでも上位版ではなく別ブランドと意識したほうがいいですね。

 

アルコール度数は40度で700mL。価格は送料入れずに9000円前後。正規品と並行輸入品であまり変わらない価格もあるのでチェックしてみてください。色指定ができる注文とできない注文がありますから、そこはご注意を。

 

なお、ロイヤルサルートには熟成年数の高いものや限定品など、種類がいろいろありますので別記事で紹介します。