· 

リード+リード ネイティヴドライジン・ニュージーランドボタニカル

「リード+リード ネイティヴドライジン(Reid+Reid Native Dry Gin)」はニュージーランド北島南東部ウェリントンの郊外にあるマーティンボロのワイララパ、アタランギでアシスタントワインメーカーをしているクラフト・ディスティラリー「Reid+Reid(リード+リード)」の蒸留所で造られています。

 

マーティンボロ(Martinborough)は小さいながらもワインの街として知られていて、3キロ四方ほどの街の中に20以上のワイナリーがあります。

 

そのなかでも最も古いワイナリーの一つ「アタランギ」でアシスタントワインメーカーをしているのが、クリス・リードさん。

 

North Island ニュージーランド北島
North Island ニュージーランド北島

 

ワインを造る総責任者はワインメーカーと呼ばれ、ワインのスタイルを決定します。その下でサポートする人がアシスタントワインメーカー、さらにホワイトワインメーカー、レッドワインメーカーと組織が大きいほど、ワインメーカーの構成も複雑になってきます。

 

ワインメーカーとして活躍するクリス・リードさんが、2015年にスティウ・リードさんと兄弟で設立した蒸留所が「リード+リード」。

 

「リード+リード ネイティヴドライジン(Reid+Reid Native Dry Gin)」の特徴は、200Lの銅製カスタムメイドのポットスチルで、伝統的なボタニカルに3種類のニュージーランド特有のネイティヴなボタニカルを使って蒸留していること。

彼らにはニュージーランドの自然を伝えて、クラシックなジンに挑戦したいという思いがありました。伝統的なボタニカルはジュニパーベリー、コリアンダー、アンジェリカ、リコリス、オレンジピール、ナツメグ、シナモン、フェネルシード、カルダモン。

 

そこに、3種類のNZ産ボタニカルでマオリハーブとも呼ばれる「カワカワ(Kawakawa)」「ホロピト(Horopito)」「マヌカ(Manuka)」が使用されています。

 

「カワカワ」はニュージーランド原産の薬草で、原住民マオリ族によって親しまれてきた歴史があり、のちにヨーロッパ伝統のハーブ知識が加わったことで、一般にも知られるようになりました。

 

tea tree マヌカ
tea tree マヌカ

 

老若男女の万能ハーブとして、血液浄化作用でドロドロ血液を改善、体内の血液をきれいにしてくれます。胡椒のような辛みが特徴です。

 

「ホロピト」は別名ペッパーツリーと呼ばれ、原住民の間では万病に効く薬の木とされて、葉を煎じた汁が真菌症、やけど、傷跡の治療などに利用されてきました。食べると苦いですが、白胡椒のような風味が持ち味です。

 

「マヌカ」はニュージーランドだけに自生する、ニュージーランド・ティーツリーとも呼ばれる植物です。言葉の起源はイングランドのキャプテンクックが大航海をした時代にさかのぼります。

 

maori マオリ族
maori マオリ族

 

船員がビタミン不足による壊血病に陥った時、マヌカの葉っぱのお茶がよく効くと知って、お茶の葉っぱにして船に大量に積み込んだことから名前がついたようです。

 

マヌカの花蜜を集めるミツバチによりマヌカハニーが作られるのも有名ですね。マヌカとはマオリ語で「復活の木」や「癒しの木」の意味があります。

 

原住民は葉、樹皮、若い枝を煮て、蒸気は鼻風邪のときに吸入、液体は肩や関節の痛みに摺りこんで使い、胃の不調の場合には飲んでいました。

 

「リード+リード ネイティヴドライジン」は胡椒、ショウガのスパイスが効いた、ニュージーランドの風土が香るマオリハーブが楽しめます。