· 

「ミッケラーネイビーボタニカルジン」原酒にシムコーホップの風味

「ミッケラーネイビー ボタニカルジン(Mikkeller Navy Botanical Gin)」はデンマークのコペンハーゲンに本拠地を置くファントムブルワー(幻影醸造師)、ミッケラー社が手掛けるクラフトジンです。

 

ミッケラー社は2006年、デンマークのコペンハーゲンにミッケル・ボルグ氏とクリスチャン・ケラー氏によって設立されました。

 

ファントムブルワーとは自らの醸造所を持たずにビール造りを行なうスタイル。自国デンマーク、ノルウェー、スコットランド、アメリカなどの個性的なマイクロブルワリーの特徴を活かした設備を使用してオリジナルビールを醸造しています。

 

Copenhagen コペンハーゲン
Copenhagen コペンハーゲン

 

そのほかにも他社とのコラボレーションでさまざまなスタイルのビールづくりに挑戦、自由で独創的なレシピから年間約200種類ものオリジナルビールを開発しています。

 

それらのビールは世界のビールマニアを魅了する実力で、わずか十数年で世界のトップブリュワーと評価されるまでに成長しました。

 

スペインの三ツ星レストラン「エル・セジェール・デ・カン・ロカ(El Celler de Can Roca) 」、世界最高峰のレストランことデンマークの「ノーマ(noma)」、スカンジナビア航空のビジネスクラスなど、そうそうたる顔ぶれがオリジナルビールの製造を依頼してることからも実力のほどがうかがえます。

そんなミッケラー社が最初に造ったジンが「ミッケラー ボタニカルジン」。今回紹介する「ミッケラーネイビー ボタニカルジン(Mikkeller Navy Botanical Gin)」は前者と同じ原酒が、アルコール度数100UKプルーフ(57%)のネイビーストレングスでボトリングされています。

 

ネイビーストレングスの解説はこちら>>>「季の美 勢(せい)京都ドライジン」

 

ちなみに、「プルーフ」とは蒸溜酒のアルコール度数を表す単位です。「これがアメリカとイギリスでちがうのがちょっとややこしいんですね。

 

アメリカではアメリカンプルーフの半分、たとえば100アメリカンプルーフがアルコール度数50度。

 

hop ホップ
hop ホップ

 

イギリスのブリティッシュ(UK)プルーフでは、その単位が0.571倍となります。それで、アルコール度数100UKプルーフ=57.1度となるわけです。

 

「ミッケラーネイビー ボタニカルジン」の大きな特徴は、ホップ「シムコー(Simcoe)」ベースのハイクオリティなエールがベーススピリッツとなっている点です。

 

シムコーは苦味のホップとして人気があり、苦味とともにオレンジやグレープフルーツ、パイン(松)、ハーブなどの良質な香りを備えています。

 

 

そのほかに使われているボタニカルはジュニパーベリー、レモングラス、カルダモンなどで、これらは浸漬、蒸溜を経て、スムーズで柔らかな口当たりになります。

 

ビールマニアを魅了するシムコーホップ由来の心地よいフレーバーとジュニパーベリーの融合が楽しめるクラフトジンです。