· 

キルホーマン マキヤーベイ 農家兼蒸留所の評価、樽や風味の特徴

キルホーマン マキヤーベイを造るアイラ島の蒸留所とは

「キルホーマン マキヤーベイ(Kilchoman Machir Bay)700ml」はスコットランド・アイラ島の北西部にあるキルホーマン蒸留所が造っている、若いシングルモルトウイスキーです。

 

マキヤーベイ(Machir Bay)は蒸溜所から半マイル(約804.5m)の距離に位置する、アイラ島で最も美しいといわれるビーチの名前からつけられています。

 

キルホーマン蒸留所は2005年に設立されたばかりの蒸留所。アイラ島では124年ぶりの新しい蒸留所で、最初のボトルが2009年にリリースされました。

 

キルホーマン蒸留所
キルホーマン蒸留所

農家兼蒸留所が自前の大麦を蒸留

アイラ島の蒸留所はすべて海岸に建てられていますが、同蒸留所はアイラ島の中でもいちばん海から遠くに立地しています。

 

その理由はマックリー湾近くのロッホサイドファームと併設されている、「ファームディスティラリー(農家兼蒸留所)」と言われる広大な農場を持った蒸留所だからなんですね。

 

使用するモルトの一部は、自前の畑で獲れた大麦を使用。いまは一部ですが、将来的には自らの麦芽だけでシングルモルトをつくる予定だそうです。

ここではスコットランドでも少なくなった自社でのフロアモルティングも一部行っています。

 

原料は、自らフロアモルティングしたアイラ産麦芽とポートエレンにある製麦工場オーダーの麦芽の2種類。

 

アイラ島のファームディスティラリーやフロアモルティングなど、伝統的な製造方法にこだわりをもって造られています。

 

特徴はバーボン樽のバニラ香とヘビーピート

今回紹介する「キルホーマン マキヤーベイ」は同蒸留所の定番商品。バーボン樽での熟成年数が3年から5年間の若い原酒をブレンドしています。

 

ノンエイジで熟成感は少ないものの、ヘビーピートが大きな特徴となっています。スモークの香りのひとつの目安となるのが、フェノール値。

 

40から50ppm以上がヘビーピートと言われるなか、マキヤーベイの原料の2種類はアイラ産が20ppm~30ppm、ポートエレン製麦工場産が55ppmに調整されています。

 

Floor Morting フロアモルティング
Floor Morting フロアモルティング

テイスティングレビューの評価と価格

「キルホーマン マキヤーベイ」はアルコール度数46度・700ml。最安値価格でも5,000円ほどとちょっと高価格。

 

タイミングがよければ、同価格で750mlというお得ボトルも販売されていますのでチェックしてみてください。ちなみに、熟成年数が若いとはいえ、一般的な評価はすこぶる高いボトルです。

 

ラガヴーリンなどと並んでスモーキー。パンチ力もしっかりあります」「しっかりずっしりして甘く、この値段なのが信じられません」「じぶんの体そのものが燻製の匂いを発しているのに気づく」「熟成された味わいではないですが、ストレートでも非常に美味しく魅力的」など、レビューも高評価。

 

Peat ピートを焚く作業
Peat ピートを焚く作業

 

とはいえ、これはアイラモルトファンの評価なので、アイラ系のピーティさが苦手な方は手を出さないほうが無難かもしれません。

 

記事を書いている私もヘビーピートは喉にひっかかる感じが気になって、少しずつしか飲めないんですよね。アイラアモルト好きな方なら申し分ないでしょう。

 

同蒸留所の熟成樽が年月を経て飲み頃になり、近頃はさまざまなボトルが出回りはじめました。アイラモルトファンからも期待値が高いので、次の機会に種類を解説します。