· 

イエガーマイスターの飲み方や効能、カクテルとは

イエーガーマイスターの飲み方、カクテルは?

「イエガーマイスター(Jagermeister)」はドイツのニーダーザクセン州ヴォルフェンビュッテルにある、マースト・イエーガーマイスター社が製造している香草系のリキュールです。

 

サントリーが輸入・販売していて、日本でもコカレロとともにパーティードリンクの定番となっています。アルコール度数35度・700mlで、通販では1,400円(税込)前後なので価格も手頃です。

 

ショットなら冷蔵庫でとろみが出るまでキンキンに冷やすと、苦味が抑えられるので飲みやすくなります。

ドイツのヴォルフェンビュッテル
ドイツのヴォルフェンビュッテル
photo credit: 1elf12 Schloß Wolfenbüttel via photopin (license)

 

健康を考えてイエーガーマイスターを愛飲する方は、食事の途中に炭酸などで割って飲んだり、お酒の途中にジンジャエールで割って飲んだりしています。

 

そのほかに、割り材としてトニックウォーター、オレンジジュース、コーラ、レッドブル(コカレロでもおすすめ)、グレープフルーツジュースなどを使ってカクテルとしてよく飲まれています。分量はイエーガーマイスター1にたいして、割り材3が目安です。

ショットグラスで楽しむ飲み方なら「イエーガー・ボム」

このほかにパーティ向けに楽しめる「イエーガー・ボム」があります。イベント的な面白さがありながら、薬草とスタミナドリンクで元気も出そうですね。

 

1.ショットグラスにイエーガーマイスターを注ぐ

2.別のビールグラスにレッドブルを注ぐ

3.ビールグラスにドボン!とショットグラスを落として一気に飲む

イエガーマイスターの特徴と風味

イエガーマイスターの特徴は56種類のハーブが配合されているために、複雑な香草の風味が楽しめることです。

 

漢方薬に使われる根生姜・シナモンの皮・スターアニス・カルダモン・オレンジピールといったものをベースに、カモミール・ラベンダー・サフラン・フェンネル・マテ・ミントなどのハーブがふんだんに使われています。

 

これらの原料にスピリッツを漬けて約5週間経ったものがイエーガーマイスターの原液となります。これをろ過したあとにオーク樽に1年間貯蔵。

 

1年後に樽から取り出された液体をアルコール、リキッドシュガー、キャラメル、軟水と混ぜて完成という工程で造られています。

 

イエーガーマイスターの効能・体にいいと言われる理由

Amazonのレビューに寄せられた個人的な感想が以下のものです。個人差はあると思われますので、あくまでも参考適度にしてくださいね。

「夏場の冷え症、眼精疲労等の末梢神経系の怠さ、足裏の鈍痛に効果があった」

「胃痛がなくなり、消化が良くなった。家内は胃痛と背中痛がよくなった様子」

 

 

Jagermeister イエーガーマイスター
Jagermeister イエーガーマイスター

 

イエーガーマイスターはもともと生姜が入っていますから、とくにジンジャエールは相性がいいんですね。生薬の力で二日酔いになりにくいのも助かります。

 

ただし、度数が35度と意外に高いので、飲み過ぎにはご注意ください。「だんだん量が増えてきて、太るのが心配」という感想もあります。あくまでも適量がいいですね。

イエガーマイスターのグッズも人気

非売品のイエガーマイスターサーバーや試験管ショットグラス、バーマットなどがいまでも人気です。

 

こちらはいまでもメルカリなどのオークションで取引されています。調べてみると、今日現在、サーバーの価格は5万円ほどするようです。

 

 

ちなみに、マースト・イエーガーマイスター社はドイツ本国で長年レーシングチームのスポンサーとなっていて、オレンジ色の派手な車体塗装がトレードマーク。通販でもポルシェなどのグッズが販売されています。