· 

フォアローゼズプラチナ まろやかバーボン風味の特徴と一般評価

フォアローゼズプラチナ 風味の特徴は?

「フォアローゼズプラチナ(Four Roses Super Premium)」はアメリカ合衆国ケンタッキー州ローレンスバーグにある、フォアローゼズ蒸留所(キリンビール所有)が造っているバーボンウイスキーです。

 

ケンタッキー州立200周年記念として造られた銘柄で、販売されているボトルに「スーパープレミアム」の表記はありますが、プラチナの文字はありません。店舗ではまちがえやすいのでご注意を。

 

プラチナはバーボン特有の雑味がなく、まろやかで飲みやすいのが特徴です。バーボンが苦手な方やスコッチ派にも受け入れられる半面、バーボン独特のクセが好きな人は物足りなさを感じる場合もあります。

 

バラを持つ女性

価格と一般的なレビューの評価

フォアローゼズ

通販販売店の最安値価格(税込)

プラチナ

43度・750ml

6,300円ほど

ブラック(黒)

(40度・700ml)

2,800円ほど

フォアローゼズプラチナはアルコール度数43度・750mlで、最安値(税込)は6,300円ほど。ちなみに、人気のブラック(黒)は2,800円ほど。

 

ブラックの甘さ、まろやかさにも定評があります。その2倍以上という価格なので、一般的な評価では「おいしいけれど」がつきながらもコスパ面、上品すぎる風味へのマイナス評価もわずかにあります。

 

「ちょっと値段が高い。この値段だと他にも選択肢がある」「コスパを考えると黒でもいい感じ」「黒ラベルの方がなんだか自分には合っているみたい。おそらく飲み慣れているせいでしょうか」というのが具体的な感想。

支持する多くのレビューでは「味は甘く美味しい」「舌触り良く、鼻に抜ける香りがとても華やか」「フォアローゼスの中でも特に飲みやすい」「ハイボールはもったいないのでロックで飲んでます」「バーボンはストレートで飲むにはちょっとという感じがありましたが、これは別格」など、上品な風味に高評価が見られます。

フォアローゼズプラチナとは

フォアローゼズプラチナは、長期熟成された原酒の中から円熟点に達した樽だけを厳選してブレンドされたという最上級品です。

 

もともと年数表記がなかったバーボンですが、近年では熟成年数の違いでアピールするプレミアムバーボンが増えていますね。

 

しかし、フォアローゼズでは今日現在、熟成年数ボトルを出していません。それは製造法が他社とちょっと変わっているからと言われます。

ケンタッキーの乗馬

 

フォアローゼズでは10種類の原酒をつくり分け、それを組み合わせることで原酒の特徴を調整して、品質を均一にするという製造工程がとられています。

 

一般的には均一を求めるために伝統の製法と貯蔵法がとられますが、それとは逆の発想でタイプの異なる樽の組み合わせで同じ風味を追求しています。

 

また、熟成庫が平屋というのも特徴的です。一般的には大量の樽を高く積み上げて、熟成庫内の温度差による熟成の進み具合により、上下に移動させるローテーションがとられます。

 

kentucky ケンタッキー州の山々
kentucky ケンタッキー州の山々

たとえば、同じローレンスバーグにあるワイルドターキー蒸留所では7階建ての貯蔵庫に樽を運び入れ、1階と7階の樽を入れ替えながら熟成していきます。

 

フォアローゼズ蒸留所では平屋の熟成庫に6段組のラックを置いて環境差をなくしているため、温度差が少なく位置を変える必要がないそうです。コストダウンにもつながるメリットもあります。

箱のギフトを選ぶなら販売店を吟味しましょう

プラチナの箱入りを贈り物として選ぶ方も多いですね。でも、販売店によって梱包のしかたが丁寧だったり、簡素だったりする場合があります。

 

販売店のレビューで梱包などの対応状況をしっかり確認してみてくださいね。