· 

「ブロックマンズ プレミアムジン」豊かなアロマとベリーの甘味

「ブロックマンズ プレミアムジン(Brockmans Premium Gin)」はイギリス・ロンドンのブロックマンズ社が造っているクラフトジンです。

 

同社は飲料業界での長い経験とジン蒸留の豊富な知識を兼ね備えた、ニール・エヴァリット氏とボブ・フォークス氏が創業した会社です。

 

ブロックマンズ社のホームページを調べてみると、オン・ザ・ロックで滑らかにスムーズに楽しめるジンを目指したそうで、オン・ザ・ロックだけでなく、ジンジャーエールでも楽しめると推奨されています。

 

11種類ボタニカルは産地までくわしく公開されていて、世界中から調達されていることがよくわかります。

 

blueberries ブルーベリー
blueberries ブルーベリー

 

複雑なフレーバーと味覚の組み合わせを試しながら、現在にたどり着くまでには何百ものレシピが試されたのだとか。

 

Juniperジュニパー(イタリアのトスカーナ)、Blueberriesブルーベリー(北ヨーロッパ)、Almondsアーモンド(スペイン)、Blackberriesブラックベリー(北ヨーロッパ)、Liquorice甘草(中国)、Lemon Peelレモンピール(スペイン)、Corianderコリアンダー(ブルガリア)、Angelicaアンジェリカ(ベルギーとドイツのザクセン)、Orange Peelオレンジの皮(スペインのムルシア)、Orrisオリス(イタリア)、Cassia Barkカシア樹皮(東南アジア)。

「ブロックマンズ プレミアムジン(Brockmans Premium Gin)」の大きな特徴は、ジュニパーに加えてブラックベリーとブルーベリーを使っているため、ベリーの香味と甘みが強く感じられることです。

 

甘草(かんぞう)はほかのジンでは「リコリス」の名前でおなじみですね。ウッディーでほろ苦いフレーバーを生み出してくれます。

 

オリスはイリス、ニオイアヤメ、ニオイイリス、ジャーマン・アイリスとも呼ばれる、芳香がする根茎を持つアヤメ科植物。原産地は地中海沿岸で日本には明治初期に渡来しています。

 

german iris ジャーマン・アイリス
german iris ジャーマン・アイリス

 

学名(属名)のイリス(Iris)属は花色が多彩で色が鮮やかなため、虹を連想させるという意味からギリシャ語で「虹」がつけられました。ギリシャ神話の虹の女神イリスに由来しています。

 

これらのボタニカルは穀物のベーススピリッツの中で油や香りを抽出するために長時間、浸漬されます。

 

その後、100年前につくられたという伝統的な銅製ポットスチルで蒸留され、良質な部分のみをミドルカットしてボトリングしています。アロマが口のなかでふわっと広がり、甘みも楽しめるクラフトジンです。