· 

ベイゼルヘイデン8年 西部開拓時代の風味を味わうクラフトバーボン

ベイゼルヘイデン8年 クラフトバーボンの価格

「ベイゼルヘイデン8年(Bagel Hayden)」はジムビーム社で発売されている4種類のクラフト・バーボンのひとつです。

 

ビーム家6代目のブッカー・ノウ氏が生み出したこのシリーズには、ほかに「ノブ クリーク」「ブッカーズ」「ベイカーズ」があります。

 

ベイゼルヘイデン8年はアルコール度数40度・750mlで、最安値価格(税込)は4,500円ほど。タイミングがよければもう少し安いボトルが見つかるかもしれません。

 

American Old West 西部開拓時代
American Old West 西部開拓時代由来の風味

ベイゼルヘイデンの由来は開拓時代初期の移民の名前

「ベイゼルヘイデン」とは開拓初期のケンタッキー州でバーボンの先駆者として知られるベイジル・ヘイデン(ベーシル・ヘイデン)氏をさしています。

 

ボトルについているおしゃれなラベルにこのような記述が。

「ケンタッキー州が独立(著者注・1792年6月1日)してまだ4年しか経っていない1796年に、ベイゼル・ヘイデン氏がこの地で蒸留を始めた。現在もその精神をかたくなに守り続けている」

 

1796年にケンタッキーに入植してバーボンの蒸溜をはじめたヘイデン氏。ケンタッキー州は夏が非常に暑く、冬は非常に寒いという気候です。その寒暖差がバーボンの熟成を早めると言われています。

特徴はフルーティさと多めのライ麦によるスパイシー感

彼は単一の蒸留所で2年以上の熟成期間を経た本格的なケンタッキーストレートバーボン「オールド・グランダッド」を生み出します。

 

その後、蒸溜所は数々の買収を経て、現在はジムビーム社での生産となりました。とはいえ、原料の51%以上に使われるトウモロコシには極上品のみが使用され、ライ麦比率や使用酵母なども100年以上変わりません。

 

そのライ麦比率はジムビームの2倍以上。昔ながらのフルーティな芳香とともに、スパイシーなライ麦のフレーバーが楽しめます。

 

Craft Bourbon of Jim Beam ジムビームのクラフトバーボン
Craft Bourbon of Jim Beam ジムビームのクラフトバーボン

貯蔵庫最下段で銘酒を香味のピークまでじっくり熟成

ベイゼルヘイデン8年はその「オールド・グランダッド」の上位版であり、樽を厳選されたスモールバッチバーボンです。

 

ベイゼルヘイデン8年は通常のバーボンよりも長い8年以上、さらに貯蔵庫最下段に置かれて、なめらかな香味のピークを迎えるまでじっくりと熟成されます。

 

ジムビーム社のクラフトバーボンといえば、「ノブ クリーク」が50度、「ブッカーズ」が63度程度、「ベイカーズ」が53度程度と高い度数が特徴ですが、ベイゼルヘイデン8年は40度。

 

風味とレビューの評価、飲み方は

そのため、スパイシーさはあっても口に含んだときのパンチが少なく、優しいプレミアムバーボンになっています。

 

ボトルラベルには同社推奨の飲み方として「ストレート、または少量の水を入れる」と紹介されていますので、最初に試してみてください。

 

バーボン通の方の感想には「個人的にはもう少し主張が欲しい」という声もありますが、一般的な評価は「大変飲みやすいバーボン」「ストレートで飲んで口当たりがいい」「飲みやすいのにしっかりコクがある。香りもいい」と高めとなっています。

 

西部開拓時代の風味を味わえるこのクラフトバーボンを飲みながら、ウエスタン映画を観たら気分も上がりそうですね。