· 

アードモアレガシー 特徴はドライで煤っぽいハイランドピートの風味

アードモアレガシー・ティーチャーズのキーモルトを造る蒸留所

「アードモアレガシー(Ardmore Legacy)」はスコットランドのアバディーンシャー州ケネスモント近郊にあるアードモア蒸溜所で造られているシングルモルトウイスキーです。

 

もともとはウィリアム・ティーチャー氏が開発したブレンデッドウイスキー「ティーチャーズハイランドクリーム」のキーモルトを確保するため、1898年に設立されたモルトウイスキー専門の蒸溜所です。

 

アードモア蒸溜所ではピーテッドとノンピーテッド麦芽を使っています。1975年までは自社製麦をおこなっていましたが、現在はモルトスター(麦芽製造会社)に委託しています。とはいえ、基本方針を変えてはいません。

 

アバディーンシャー州の画像
Aberdeenshire アバディーンシャー州

特徴はアイラ産よりもドライで煤っぽいセントファーガス産ピート

原料の大麦は地元アバディーンシャー産を使用。ピーテッド麦芽用のピートは蒸溜所から約60km離れたセントファーガスで切り出したピートにこだわっています。

 

セントファーガスのピートは炭素が多く、ミズゴケが含まれていないため、アイラ島のモルトなどが豊富に持っているヨウ素の潮っぽさがないんですね。

 

そのかわり、炭や焦げた燃えさしのような特徴があります。どちらかといえば、ドライで煤っぽい印象です。

 

これまで原酒供給の役割からシングルモルト市場にあまり流通していませんでしたが、ビームサントリーの所有となってからは販売されるようになりました。

伝統製法を守り続けるスコッチのレガシー(遺産)

「アードモアレガシー」はレガシー(遺産)の名の通り、アードモア蒸留所が守り続けるスコッチの伝統的遺産がしっかり表現されたウイスキーです。

 

仕込み水は蒸溜所北に位置するノッカンディの丘の湧水を使用。発酵槽はダグラスファー(ベイマツ)の木桶発酵槽が14基。

 

ダグラスファーとはオレゴンパインとも呼ばれ、カナダやアメリカの太平洋岸に生息している針葉樹。

 

高さは60~75mほどになり、100mを越すものもあります。

 

耐久性や加工性が良く、安定性の高い木材として住宅用として日本には大量に輸入されています。

 

フルーティーな甘みを感じさせる香味が、ウイスキーの発酵槽としても好まれるんですね。

 

蒸溜器はオニオン型の初溜4基、再溜4基の計8基。蒸溜した原酒はおもにファーストフィルのバーボン樽に詰められます。

 

ダグラスファーの画像
Douglas fir ダグラスファー

アードモアレガシーの価格とレビュー評価

アードモアはアルコール度数40度・700ml。あくまでも記事アップ日の価格ですが、最安値(税込)は2,400円ほど。

 

一般的な評価からまずはマイナスを指摘する感想をあげてみます

 

「値段に惹かれて買ったけど期待はずれ。でも好みの問題です」

「のっぺりした奥行きのない味と思ってしまうが、値段を考えればかなりコスパはいいかも」

「好き嫌いがある味。私には合わない。スモーキー好きには嬉しい味だと思う」

 

支持するレビューは以下の通りです。

 

「コスパの高いウイスキー」

「価格が安いが、スモーキーでおいしい」

「スモーキーさはほどほどに、フルーティな味わいと上手く混じり合った感じ。ボウモアが好きな人にはおすすめ」

「なかなか美味しいしパッケージも良かった」

 

ノンエイジなので12年などの熟成物と比べれば、味の深みに欠けますが、燻香がお気に入りという方が多いですね。

 

反対にピートが苦手な方、アイラ系は好きだけどこっちのピートはちょっと、という方もいらっしゃるでしょう。

おいしい飲み方・ハイボールへのフロートで味の変化を楽しむ

おいしい飲み方のひとつとして、ハイボールへのフロートもおすすめです。

 

アードモアレガシーはティーチャーズのキーモルトなので、ティーチャーズでつくったハイボールにフロートしてみてください。

 

最初にシングルモルトのコクと香りを楽しんだあとに、ハイボールへの変化が楽しめます。