フェアジン・フランスコニャック産キヌアウオッカとフェアトレード原料

フランスコニャック産のフェアジン・蒸留器のキャデラックが造るお酒

「フェアジン(FAIR.Gin)」はフェアスピリッツ社が、コニャック地方の蒸留所で発酵、蒸留から瓶づめまで一貫製造しているフランス産ジンです。

 

ボタニカルはウズベキスタンの自然保護区で収穫されたジュニパーベリー、コリアンダー、カルダモン、さらに蒸留所から30kmの場所で収穫された原材料が使われています。

 

ベーススピリッツは有機栽培されたロイヤルキヌアを使ったキヌアウオッカ。蒸留器のキャデラックと呼ばれるジャン・ルイ・スタフラーによるスタフラー蒸留器によって、一度の製造がわずか200リットルのスモールバッチで生産されるお酒です。

 

Cordillera de los Andes アンデス山脈
Cordillera de los Andes アンデス山脈

ロイヤルキヌアを使ったキヌアウオッカがベーススピリッツ

キヌアはアンデス山脈の高地で数千年前より食用に栽培されている雑穀で、必須アミノ酸をバランス良く含むスーパーフードとして、世界的な注目を集めていますね。

 

南部ボリビアと北部エクアドルでは17品種以上のキヌアが生育していますが、同社のキヌアウオッカに使われているのはボリビア南部のアルティプラーノで育つロイヤルキヌア。

 

ロイヤルキヌアは標高3000m以上の過酷な環境でもよく育ち、夜の霜にも40度を越す日中の気温にも耐える高山植物なんですね。

 

他の一般的な種よりもたんぱく質、ビタミン、ミネラルをはるかに多く含んでいるため、高い値がつくことでも知られています。

 

フェアスピリッツ社は有機栽培されたこの原料を、地元農家の組合より直接仕入れています。

フェアジュニパージンの特徴とそのほかの種類

「フェアジン」はアルコール度数42度・500mlで、最安値(税込)は3,800円ほど。ラベルにフェアジュニパージンとあるように、ジュニパーの緑の香りが特徴的な風味を出しています。

 

ジュニパーのあとからはコリアンダー、カルダモン、柑橘風味にスパイシーさがバランスよく味わえます。キヌアウオッカがベースとなっているため、口当たりは柔らかくて繊細なのが特徴です。

 

容量500mlでこの価格なので高級ジンの部類に入りますが、以下に紹介するフェアトレードの適正価格のもとに製造・販売されていることを考慮すると、やむを得ないのかもしれません。

 

同シリーズには「フェア バレルエイジドジン 」もあります。フェアジンをコニャックで製造されたフレンチオークバレルで3ヶ月熟成させたもので、42度・500mlで最安値が4,400円ほどになります。

 

fairtrade フェアトレード商品のラベル
fairtrade フェアトレード商品のラベル

ボタニカルにはフェアトレード認証を受けた商品を使用

社名のフェアスピリッツ社やフェアジンの由来は、「製品を造り出す過程のどの段階に携わる人々も平等に尊重するべき」というフェアトレードを重視する理念が由来となっています。

 

フェアトレードとは「公平・公正な貿易」の意味であり、発展途上国の生産者・労働者の生活改善と自立を支援する国際的な運動です。

 

途上国で生産された日用品や食料品が、驚くほど安い価格で販売される裏では問題が起きています。

 

低価格を維持するために生産者に正当な報酬が支払われなかったり、生産性を上げるために多くの農薬を使い、環境破壊を招いたりというように。

 

Cognac コニャックの冬
Cognac コニャックの冬

商品を適正価格で継続的に購入する仕組みをつくる

フェアトレードは、生産者の労働環境や生活水準を保証して、良いものを作りながら自然環境にも配慮。持続可能なサイクルを作っていく仕組み作りが目的とされます。

 

すでに一部の企業ではコーヒーや紅茶、チョコレートなどの商品にこの運動が始まっています。

 

フェアスピリッツ社では人の原材料のうち、中央アジア・ウズベキスタンの自然保護区で収穫されたジュニパーベリー、コリアンダー、カルダモンに関してもフェアトレード認証を受けているんですね。

 

この認証を受けるには、途上国の原料や商品を適正価格で継続的に購入する仕組みをつくらなければならず、時間と手間が必要とされます。企業姿勢に賛同する消費者の方々の思いに支えられているわけですね。